とにかく動け!

こんにちは。

陽転エデュケーターのゆかです。

 

今朝は、私が毎月参加している朝会の日でした。

 

毎月、講義でいろいろな気づきをいただき、

そして、参加している方々から刺激をいただいています。

 

今日の講義で印象に残ったのは、

 

「ゴールばかり見てあれこれ言っている暇があったら、早く行動しろ」というもの。

 

私はこうなりたい。

こういう目標がある。

目標を達成してこうなりたいんだ。

 

と熱く語るのもいいけど、そんなことを言っている暇があったら、さっさと行動したほうがいい。

 

・・・先延ばし癖のある私には耳の痛い話ですが、本当にそうですよね。

 

思いを語るだけでは夢は叶わない。

夢を叶えるのは行動。

 

とにかく動く!

 

・・・頑張ります。

 

 

 

私が陽転生活を楽しもうっ

こんにちは。ゆかです。

 

遅ればせながら、今週月曜日放送の「芸人先生」(Eテレ 毎週月曜日 午後11

時〜)のロバート先生後半を見ました。

 

www4.nhk.or.jp

 

この番組は、毎回芸人の方々がいろいろな企業に出向き、芸人さんがお笑いで大事にしているメソッドをビジネスに置き換えレクチャーする番組。

 

今回のロバート先生の授業は「遊び力講座」。

 

相手を楽しませるためにはまず、自分が楽しまなくちゃ!という内容でした。

 

確かに、ロバートのコントは、まず何より3人が心から楽しんでやっていて、それを見てこちらもつられて笑ってしまう感じがしますよね。

 

これ、頭ではわかるんです。

わかるんですけど、なかなかできるようでできないですよね。

「心から楽しんで仕事する」って。

 

心から楽しんで仕事をしてる人、接客してくれてる人、企画を考えてる人、セミナーをしてる人、って・・・わかりますよね?

 

それに比べて、「正しくやろう」「きちんとやろう」「相手の失礼のないようにしよう」「仕方ないけどやろう」みたいに仕事をしている人って、これもなんとなく分かっちゃいますよね。

 

私は楽しんでやっているつもりでも、結構後者で捉えられてしまうことがあるので、もっと大袈裟なくらい楽しんでやったほうがいいんだろうなぁ。

 

ブログもツイッターも、自分でも後で読み返すと「かたいなぁ」と思いますもん。

 

陽転思考を身につけると本当に毎日楽しいんですよ!!

 

ってことを伝えたいなら、

 

まず私が毎日を思いっきり楽しまなくちゃねー!

 

ただそれが起こっただけ

こんにちは。ゆかです。

 

以前、私がある学びに比較的大きなお金を使おうとした時に、子供が骨折して入院したことがありました。

 

 

私はこのとき最初、

もしかして、これは、神様が、「そんな学びに時間やお金を割くのはやめて、家族をもっと大事にしなさい」と言っているのではないか?

と思いました。

 

でも、

いや、待てよ、でも、神様が「こんな事態が起きても、それでもお前はその学びをしよう!という覚悟はあるのか?」と試しているのかもしれない!

 

私は神様から覚悟を試されたのだと思い、「どんな事態が起きてもそれでもこの勉強をしたいのだ!」と大きなお金を使い、その学びをすることに決めたのでした。

 

 

・・・と、この話をある友人に話した時、意外な答えが返ってきました。

 

「ただ、たまたまそのタイミングでお子さんが骨折しただけでしょ?別にそれ『神様からのメッセージだ!』とかって思う必要なくない?」

 

これを初め聞いた時、友人は何て冷たいんだ、と思いました。

 

子供の骨折、という事実が、私の覚悟を決めてくれたのだから、いいじゃないか。

「神様からのメッセージだ」って私が思ったんだからいいじゃないか!って。

 

確かに、何か事実が起きた時にどう捉えるかはその人の自由です。

 

その起きた事実を悪く捉える人もいればよく捉える人もいます。

 

でも、先ほどの友人が言っていたように、もともとその事実には何の意味もないのです。

 

たまたま子供が骨折しただけ。

 

それをどう捉えるかなんですね。

 

陽転思考では、事実のいい面と悪い面の両方を見て、「自分が幸せになるためにはどちらを選んだらいいだろう?」と考えます。

 

・・・やっぱりいい面を選びたいですよね。

 

物事のいい面を見ててよく捉えることで、幸せな気分になり、行動が前向きになります。

 

でもぐるぐると悩んでしまって冷静になれないときには

「この事実はどういう意味があるんだろう??」

と考えずに、あえて

 

「このことにはなんの意味もないんだ」

 

といったん棚上げしてもいいんじゃないかなあ、なんて思います。

 

ただ、それが起こっただけ。

 

・・・ちょっと冷たい感じもしますがちょっと気持ちが落ち着いて冷静になれるような気がします。

 

 

 

寄せ書きをいただきました!

こんにちは。

ゆかです。

 

昨日、私が毎月参加している朝会の皆さんから、寄せ書きをいただきました。

 

1年間、仲間4人で朝会の幹事をさせていただいたのですが、それに対するお礼として皆さんがサプライズで用意してくださったんです。

 

私はあと1年間引き続き幹事をすることにしたので、「まさかこのタイミングで寄せ書きをいただけるなんて?!」と驚いたのですが、他の3人の幹事にプレゼントするのに合わせて、私にご用意くださったようです。

 

はじめ、幹事の仕事をいただいた時は「なんで私?」と思いました。

もっと適任者はいると思ったし、前の幹事さんがすごすぎて、私なんかじゃ務まらないと思ったので。

 

でも、幹事をやってよかった!

 

あそこで幹事を断っていたら今、この感情は味わえなかった、と思うと、1年前の自分の決断に感謝感謝です。

 

そう考えると、今の決断が、未来への自分へのプレゼントになる、ってことですよね。

 

さぁ、未来の自分のために、今の自分は何ができるかな・・・

 

f:id:jibunbanare:20180508002759j:image

久しぶりに感じた『あの』感覚

こんにちは。

ゆかです。

 

昨日は久しぶりにPMS月経前症候群)で体が鉛のように動かず、落ち込み、イライラし、何もやる気が起きずただただ眠くて寝ていました。

 

本当は色々片付けたりしたかったんですけども・・・

 

陽転思考や、自分離れ思考ができるようになってから、今ではあんまりずっと落ち込むことはなかったんですが、久しぶりに目の前真っ暗だ!この世の終わりだ!みたいな気分になりましたね・・・

 

実は、ここ最近、本当にあんまり悩まなくなって楽しく生活していたので「目の前真っ暗だった時の『あの』感じ」「自分なんてもうだめだ・・・」みたいな感覚をちょっと忘れていたんですが、昨日はその感覚を久しぶりに味わうことができたのでよかったですね(笑)

 

こう思えるようになったのも陽転思考のおかげですね。

ありがたや。

 

で、久しぶりに「目の前真っ暗感覚」を味わったわけですが、「目の前真っ暗」な私が強く思ったことが3つあります。

  • こんな私でも誰かに受け入れてもらいたい!
  • 破滅的で極端な考え方になる
  • 自分にかけられる言葉が全て、自分を否定されているように聞こえる

 

誰かに受け入れてもらいたい

何にもできないダメな私。イライラしてあたってしまうダメな私。

でも、本当は色々やりたいし、笑顔で楽しくいたい。

でもできない。

本当は本当はちゃんとしたいんだよー!

この気持ちを誰かにわかってほしい。

こんな私でも、誰かに受け入れてもらいたい。

 

極端な考え方になる

みんな私のこと嫌いなんだ。

私なんて何にもできないんだ。

私は母親失格だ。

もう、何もかもどうなってもいい。

みんなに嫌われても構わない。

私はダメなんだ。

 

自分にかけられる言葉が全て、自分への否定に聞こえる

私がダメだ、って言いたいの?

どうせ私は何したってダメですよ。

は?それってどういう意味?

何でそんなこと言うの?

 

 

・・・こうやって書いてると、重症ですね(-。-;

人格変わります。

でもでも、こういう経験がある人は絶対この感覚は分かるはずです。

 

以前私は1ヶ月のほとんどがこういう状態で、調子のいい日は1ヶ月のうち数日でした。

今では生理前でもほとんどこうなることはなくなりました。

まあ、たまーにはありますが。

(私の場合、小麦粉類を食べ過ぎるとPMSがひどくなります。ここ最近、パンとか食べすぎちゃったもんなあ・・・(遠い目))

 

本当は本当は優しくて真面目で周りの人を幸せにしたい、って思っているのに、こんな風に人格が変わってしまって自分がコントロールできなくなる、って本当に悲しいですよね。。。

 

こういう状態が長く続くときにはもちろん、病院に行くことをお勧めしますが、こういう状態にならないように、そしてなったとしても早めに本来の自分に戻れるように、普段から陽転思考、自分離れ思考を身につけておくことって必要だなぁ、と改めて感じました。

 

今日の私はすっかりいつもの私に戻りましたよ。

こうやってブログに昨日のことを書けるくらい、昨日の自分を客観視できていますしね。

 

たまにPMSでこういう風になってしまうことは日頃から子供たちに話しています。

子供達はちゃんといつものお母さんに戻るんだ、とわかってくれているのでこういう時の私とは距離を取ってくれます(笑)

 

それにしても前は毎日のように感じていた「『あの』感覚」を忘れてしまうくらい最近は軽やかに過ごせていたのか、と思うと本当にありがたいなぁ。

 

 

くよくよ悩みすぎる人は脳疲労を起こしているかも?!

こんにちは、ゆかです。

昨日、こちらの本を読みました。

毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法

毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法

 

 この本の著書、杉岡先生には数回お会いしたことがあるのですが、人の話をとても丁寧に聞いてくださり、そして、わかりやすくお話をしてくださる、笑顔がとても素敵な方です。

 

この本も非常にわかりやすく書かれていて読みやすい!

 

目からウロコの疲労回復法がたくさん紹介されています。

すぐに「やってみたい!」「やってみよう!」と思うものばかり。

 

「疲労」についても考え方も整理されますので、すごくオススメです。

 

この本によると、

 

心身にストレスを受けると、それを除去したり、身体のあらゆる炎症を抑えたりする作用も持つ「治療のエキスパート」がいます。

それが腎臓の上に小さく乗っている「副腎」から分泌される「抗ストレスホルモン(コルチゾール)」です。

「疲れても、一晩眠ればスッキリ!」というのは、実は抗ストレスホルモンが十分作用し、身体の疲れや炎症を治してくれているからなのです。

この働きは非常にありがたいのですが、残念ながら抗ストレスホルモンの量には限界があります。

 

とのことです。

 

思考や感情をコントロールする力、「ウィルパワー」にも一定の量があり、使うと消耗していく、と言われていますが、抗ストレスホルモンにも一定の量があるんですね。

初めて知りました!

 

脳にストレスがかかりすぎると、この抗ストレスホルモンが過度に消費されてしまうそう。

 

そうすると、副腎疲労につながり、最後は脳も身体も疲れきった状態に・・・

 

これって、人に気を使いすぎる人、悩みがちな人は経験があるんじゃないでしょうか?

 

  • たくさんの人に会った後
  • くよくよくよくよ悩んだ時
  • 気の進まない集まりに行った時

 

など、別に体力を使ったわけではないのに、ぐったりしてしまって、何もやる気が起きない、動けない・・・

この状態、わかりますよね?わかりますよね?

 

これは「脳疲労」を起こしている状態なんじゃないかなあ、と本を読んで思いました。

 

食事などの生活習慣から脳疲労が起こっているのであれば、これを治していくのは難しくありません。

けれども仕事や人間関係の問題からストレスを抱え、それが原因で脳疲労になっている場合、根本的な問題は性格そのものにあるわけです。 

 

つまりは「悩みやすい性格」「考え方のクセ」が脳疲労を起こす原因になっていると言えるのではないでしょうか。

 

この本ではくよくよしてしまいがちな方に、目の前のことに集中すること(マインドフルネス)をおすすめしています。

 

具体的で非常に簡単な脳疲労の対策に生かすためのマインドフルネスの方法、そして脳疲労に有効な食べ物などもこの本で紹介されていますので、ご興味のある方は是非読んでみてください。

 

私は、自分の経験から、考え方を変えることで、人と会った後のぐったり感がかなり減った、という実感が非常にあります。

 

考え方を変える→ストレスを必要以上に感じなくなる→くよくよ悩まなくなる→抗ストレスホルモンの浪費がなくなり脳疲労の心配がなくなる→健康!!

 

これができたら最高ですよねー。

 

やっぱり、考え方、大事だなぁ。

 

 

「できそう」と「できる」はぜーんぜん違うと身をもって実感中。

こんにちは。

「悩む毎日から気持ちを楽にするのは『自分離れ』」をお伝えしたいゆかです。

 

昨日からブログを書く!と決め、今日は今朝読んだ本についてブログに書こうと思ったわけですが、

 

さて、書き方がわからない!

 

「わからない」というのは、文章の書き方、というより、

 

本をどうやって紹介して、どうやって引用すればいい?

どこまで内容を書いていい?どこまで写真などを使っていい?

 

などの「ルール」といいますか、法に触れないやり方といいますか、正しいやり方といいますか、そういうものです。

 

ルールを守ってちゃんとやりたい!って非常に大事ですが、あんまりこだわりすぎると、その「ルール」にがんじがらめになって行動に移せなくなることってありますよね。

 

何かを始める前から「ルールを守っていない!って思われるんじゃないか?」が気になってしまって疲れてしまって、結局・・・やらない。

 

これじゃあ、何にもできないし、何にも変わらないし、何にも楽しくない。

 

じゃあ、どうするか。

 

えいやっ!ってまずやってみる。

 

・・・というのがいいと思うんですが、そうはいっても、私のような「気になっちゃう人間」には、ルールを守れているかどうかわからないまま飛び出してしまうのはすごくストレスになっちゃうんですよね。

 

じゃあ、どうするか。

 

自分が思う、「ちゃんとできている人」の真似をする。

 

例えば、今日の私の例なら、

 

いろんな方の書評ブログをいくつか見て「あ、この人の本の紹介の仕方なら大丈夫そうだな」「この人のブログは違和感なくていいな」というものを見つけ、それを真似してみる。

 

誰の失礼にもならない、何のルールも破らない完璧なものを作ろうとするとただただ疲れます。

 

だから、私みたいな考えすぎちゃう人は、「自分がいいと思う」でGOしていいんじゃないかなって思っております。

 

細かいルールとか色々がもしかしたらあるかもしれない。

でも、他の人がやっているやり方で自分がいいな、心地いいな、と思うやり方があるのなら、それを真似すればいいんじゃないか、と思います。

 

あ、「自分がいいなと思うやり方」、って「自分離れ」とは逆じゃね?と思ってます?

ノンノンノン。

 

「他人のことも気にしなくちゃ」「世間のルールを守らなきゃ」っていう、自分の変なこだわりから離れるのが「自分離れ」なんです。

 

考えすぎちゃう人、悩みすぎちゃう人はとにかくたくさん時間をかけていろんなことを調べて、誰の失礼にもならないように、誰からも文句を言われないようにするにはどうすればいいんだ・・・と考えて考えて考えて考えて・・疲れてやめちゃいますよね。

 

ここで、そんな悩んでる自分から「離れて」自分に聞いてみる。

「私の本当の目的は何か?」と。

本当の目的は「誰からも文句を言われないようにする」ことではないはずです。

本当の目的は今回の場合なら「ブログを書くこと」。

 

だったらちょっと不格好でもちょっとおかしくても、間違っていても書いてみたらいい。

でも、不安なら、自分が不快感を抱かない方法でやっている人の真似をする。

 

これなら自分も比較的納得して行動に移せるんじゃないかなぁ、なんて思います。

 

 

・・・いやぁ、本の感想を交えたブログ、もっとパッと書けるかと思ったんですけどね。

ちょっと、他の人のやってるやり方をちょっと見てから書いてみようと思います。

( ̄▽ ̄)ムフ