他人の意見を素直に聞く

こんにちは。

陽転エデュケーターのゆかです。

 

昨晩は、私が参加している朝会仲間と、それぞれの目標達成のための打ち合わせでした。

 

お互いがそれぞれに目標を持ち、目標に向かって日々葛藤をしながら行動を重ねています。

もちろんそれぞれが自分で考えながら行動しているわけですが、

仲間の意見やアイディアなどをもらうことで、

自分の行動や考え方のヒントになったりもするのです。

 

仲間は私の事情を知ってるわけではないし、私も仲間の事情を細かく知っているわけではないので、それぞれが出すアイディアや意見は的外れなものかもしれないし、実現不可能なものかもしれない。

 

でも、そんな事情の知らない人が言う意見だからこそ、自分が考えてもみなかった発想が生まれたりするし、自分の行動のヒントになったりもするのです。

 

みなさんの日常生活においても、みなさんの事情なんて知らないくせにアドバイスをしてきたりする人がいませんか?

 

そんな時、「私のこと何にも知らないくせに!」「そんなこと無理に決まってるじゃないの!」なんて、話を聞くことを拒否したりしていませんか?

 

私は以前はそうでした。

 

事情を知らないくせに「◯◯したらいいんじゃない?」「こういうふうに考えてみたら?」なんて部外者に言われた日には、自分がなんだか否定されたようにも感じていました。

ですから頭にきて、話を聞こうともしていませんでしたね・・・

 

でも、これって非常に勿体無いことをしていたなぁ、と気がついたのです。

 

その部外者が言ってくる意見はそのまま使えるものではなかったとしても、それを一旦受け入れて「そういう考え方もあるなぁ」と思うことで、自分にはなかった見方ができて、「ちょっとこういうふうに一度やってみたらどうだろう」などという発想が生まれたりします。

 

その発想で起こした行動が、停滞している現状を打破するものになったりする可能性だって十分にありますよね。

 

だとしたら、「事情を知らずに勝手に色々言ってくる他人の意見」は自分にとってのダイヤモンドの原石にもなり得る可能性を秘めているとてもとてもありがたいものです。

 

素直に他人の意見を聞ける人は周りからも好かれますし、

自分の考えに固執することがないので、

柔軟な発想でいろんな行動を起こすことができます。

 

 

昨日は早速使えそうな良い毎日の習慣などのお話も頂いたので、早速やってみたいと思います。。